探偵の依頼の仕方教えます。

探偵に調査依頼をするなんて、人生に1度有るか無いかの出来事。他にも、どこかで聞いたことがあるのですが、探偵への依頼と警察にお世話になるのとは同じくらいの頻度だなんて話もあるようです。探偵に依頼したことのある人自体、少なそうな上に、人の隠しておきたい事や、知られたくない事に接する探偵の調査は、他の商売とは一線を画し、評判が表に出ない個々の評価の見えにくい、依頼先を選びにくい業種と言えます。
選びにくい業種とは、依頼者にとってあまりよくない探偵も、優良な探偵もどちらの情報も少なく、ポイントを押さえていなければ、よくない探偵を選んでしまう可能性が高いということです。また依頼の仕方によっては、調査費用が高くついてしまったり、逆に圧縮できたりすることもあるようです。
探偵依頼の仕方HowToでは、探偵依頼の仕方について、わかりやすく解説します。探偵依頼を考えていたり、依頼したいことがあるけれどどんな探偵を選べばいいのか依頼先を悩んでいる人に、納得できる価格で安心してまかせられる探偵を選ぶには、どのような事に気をつけて選ぶべきなのかなど気にっているところを紹介しています。
【契約をせかす興信所は気をつけろ】
「場の雰囲気に飲まれてつい契約をしてしまった。」「今契約しなければ、大変な事になりますよ。といわれて、怖くなって契約してしまった。」探偵に相談や調査依頼を持ち込む時は、トラブルは自身にとらぶりが降りかかっている時。どんな状況にも冷静に対処できる、じっくり考察して判断できる人は「怪しい」とすぐ気付くことができますが、ストレスがかかった状態になると、頭が真っ白になるという人は要注意です。
「一度家に帰ってゆっくり考えてみます。」「他社と比較検討させてもらいます。」優良な探偵であれば、相談者のこの答えに慌てることはありません。他社と比較されるとまずい何かがあるところほど、契約をせかすものです。契約をせかす探偵には要注意です。

興信所料金の比較の仕方

興信所の料金を見る場合に大切なことは、「最終的に支払う総額はどの程度になるのか?」という事です。
最終的に支払う料金総額に含まれる「調査に必要な内容」とともに、他社の見積もりと比較することが必要です。興信所に赴き、まだ見積もりを出してもらっていない時、参考にされることが多い「基本料金」ですが、興信所の料金を見る上で、基本料金は比較対象には向きません。
なぜなら、興信所の料金体系にガイドラインは存在しません。それぞれの興信所によって、それぞれの設定があるからです。
例えば、基本料金は格安に設定されているけれど、実際に調査を行おうとすると、さまざまなオプションを付加しなくて調査を行う事ができず、安いと感じて依頼したのに最終的な料金は他社よりも高くなるところもあります。
逆に最初から総額表示で、他社よりも高く感じていた興信所があっても、他社の総額見積もりと比較してみれば、実はかなり安く抑えられた料金だった。ということもあります。

興信所の料金は、実際に事務所に赴き、相談したうえで出される見積もりの内容と金額を見比べ、さらにその興信所のスキルも考慮した上で選びだすことが必要です。

メンドウでも地道に比較するのも大事

興信所の料金を比較する時には、メンドウかもしれませんが、地道に一社一社の興信所の料金を比較することも大事だと思います。

「料金の相場はいくら」と金額を提示されていれば、その数字を基準として考えればいいので、比較は容易になります。

早く調査をしてもらいたいときなどは、この方法で比較すると興信所選びが簡単ですが、時間の余裕があるのなら、自分で基準となる料金の額を調べるのも一つの手段です。

興信所の料金では、詳細な部分を知らずに探偵に調査を依頼して失敗してしまうという人もいます。
料金の詳細、いったいどういった部分にどれだけの費用がかかっているのか、興信所の料金の詳細を調べるのであれば、自分で基準となる料金の金額を調べるのもいいでしょう。

比較するのにも、料金プランごとに金額が違い、また、プランの内容も若干変化するので、どういった違いがあるのか調べておくことも大事です。

興信所の料金を比較するときは、時間的な余裕があるのであれば、実際に比較の基準となる料金を自分で計算してみてください。

リンク

興信所・探偵業届出等
興信所や探偵事務所を開業する際や廃業する際に必要な届出に関する情報を掲載しています。
Windowsタブレット